トップページ >レーシックとは> レーシックの手術内容

レーシックの手術内容

レーシックを受けるためにはいくつかの手順をふみます。
点眼剤で麻酔をし、眼の洗浄をおこないます。
その後にフラップと呼ばれる角膜の表層に切込みをいれます。
レーザを10秒程度あて角膜の整形を行います。
フラップを戻します。

最後に眼の洗浄を行い終了です。約15分程度の手術で
入院の必要もありません。

また角膜は自然に接着していきます。
通常の仕事であれば、3-4日ほどで復帰できるほどです。
レーシックの手術自体は非常に簡単で、安全です。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲