トップページ >レーシック種類紹介> ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、今までは不可能とされていた
乱視の人に多い高次のゆがみを解析して、レーシックで
矯正出来るようにする高度な視力回復手術です。

この技術によって、レーシックを行う際の矯正制度が向上し
特に乱視などの方に効果を発揮し、同じ視力であっても
くっきりと見えるようになります。

レーシックを行うことでコンタクトレンズよりも、くっきり見える
ようになる特徴がありますが、このウェーブフロントレーシックで
より、はっきりと見えるようになります。

ウェーブフロントアナライザーと言う機器を使い眼球全体に
光の波を解析することによりレーシックで眼球のゆがみを
矯正するのに役立ちます。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)