トップページ >レーシックとは> レーシックの内容

レーシックの内容

レーシックは高精度の医療用レーザーを角膜に照射することで
屈折を矯正し、視力の回復を図る眼科手術のことです。

レーシックは高度に計算された施術により眼の屈折異常による
近視や乱視、遠視について治療することができます。

レーシックの具体的な手術法は、角膜のふた(フラップ)を作り
角膜の表層部を温存しつつ、屈折の矯正ができるところにあります。

レーシックは以前まであった角膜表層に行う屈折矯正手術に比べ、
格段に安全で、術後の回復も早い手術を行えるようになりました。

術後フラップは角膜が自然に接着することで表層は手術前と
変わらず、レーシックは安全になりました。

現在レーシックではフラップを作る際にレーザーを使う手法が
主流になり、より精度が高く術後の経過も早いレーシックが
多くなっています。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲