フレックスPRK

PRK(ピーアールケー:Photorefractive Keratectomy)は
レーシックの前身にあたる視力矯正手術です。

レーシックと違い角膜上皮を取り除き角膜屈折を矯正する
レーザー治療法です。

フレックスPRKの利点は以前のT-PTKが手術後に
遠視になりやすかったのに対し、通常のレーシックと同じ
エキシマレーザーを利用することで中央部の遠視化を
無くしました。

フレックスPRKはエピレーシックなどと同様に格闘技など
の激しいスポーツをする場合にも向いている施術です。
ただ、通常のレーシックにくらべ角膜上皮が回復するまで
眼の保護に気をつける必要があります。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

イントラレーシック

イントラレーシックと通常のレーシックの違いは、角膜のふた(フラップ)
をさくせいする時に高精度の医療用レーザーを利用するレーシックの
総称です。

通常レーシックでフラップを作るときには、ステンレス製の
マイクロケラトームを使っていますがより高精度で安全な手術として
レーザを使ったイントラレーシックが利用されるようになりました。

これにより、角膜の形状が特徴的で通常のレーシックでは手術
出来なかった方も問題なくレーシックを受けることが出来るように
なりました。

イントラレーシックの最大の特徴は、安全に手術ができることと
通常のレーシックより多くの人に適応されたことがあげられます。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

ラセック

エピレーシックの前身にあたる視力回復方法で
フラップの厚みを薄くすることで角膜の薄い方や
近視の度数が高い人に向く手術です。

通常のレーシックよりフラップの厚みが薄くすみ
2週間後にはフラップ自体もなくなるレーシックです。

また、フラップがなくなることにより眼球に衝撃の
かかる格闘技などでもレーシックを受けることが
出来、角膜の厚みが薄くても手術が受けられる
ようになります。

エピレーシックとの違いは、レーザーを利用して
いるかどうかの点につきます。
現在は、フラップを薄く安全につくつために
エピレーシックを利用する方が増えています。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、今までは不可能とされていた
乱視の人に多い高次のゆがみを解析して、レーシックで
矯正出来るようにする高度な視力回復手術です。

この技術によって、レーシックを行う際の矯正制度が向上し
特に乱視などの方に効果を発揮し、同じ視力であっても
くっきりと見えるようになります。

レーシックを行うことでコンタクトレンズよりも、くっきり見える
ようになる特徴がありますが、このウェーブフロントレーシックで
より、はっきりと見えるようになります。

ウェーブフロントアナライザーと言う機器を使い眼球全体に
光の波を解析することによりレーシックで眼球のゆがみを
矯正するのに役立ちます。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

エピレーシック

エピレーシックはエキシマレーザーによって角膜の屈折を
矯正する視力回復手術の総称です。
通常のレーシックと違い、角膜の薄い人でもレーシックを
受けることができ、なおかつ眼球に衝撃の掛かるような
例えば、格闘技などの激しいスポーツをする人でも手術を
受けることができます。

エピレーシックはエピケラトームと呼ばれる機器を使用し、
フラップを薄くし角膜上皮と呼ばれる部分を矯正する
ことで最終的にフラップが消失し衝撃に強くなります。

より上部にフラップを作ることで、角膜の薄い人でも
問題なくレーシックを受けることができます。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲