フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)

フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とはレーシックの
技術とコンタクトレンズの技術があわさたようなもので
主に白内障の手術を応用した視力回復手術です。

通常白内障では水晶体の除去を行いますが、
フェイキックIOLでは、水晶体を残し眼内レンズと呼ばれる
いわゆる永久コンタクトレンズを挿入するレーシックです。

通常のレーシックでは矯正できる近視の度数に限度が
ありますが、このレーシックによって角膜の厚さや
近視の度数に影響されることなく、レーシックを受ける
ことが可能です。

通常のレーシックと違うメリットとして、永久コンタクトレンズを
外すことで、元に戻すことが可能である点が最大の
特徴といえます。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

コンタクトレンズの危険

一般的に普及しているコンタクトレンズが
レーシックより危険であるといわれる理由は
年間150万件異常のコンタクトレンズによる
眼障害が発生しているといわれ
事実眼科で診察する際には、角膜への
引っかき傷は、コンタクト利用者のほぼ全てに
確認されます。

眼障害の理由としては、もっとも多いのが
コンタクトレンズに傷や劣化した状態で
使用している場合で、ついで寝るときも
外さず装用している場合が多くなっています。

他には、洗浄が不十分であったり、定期健診を
怠っている場合などがあります。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲