レーシック治療費の価格

レーシックは自由治療にあたるため、もともと基準になる
金額がありません。単純に高額な機器などに人件費など
がかかります。
最近では、レーシックに掛かる金額が大幅に下がってきて
いますがこれは、レーシックが一般的になり機器が
安くなったことと、知名度があがったことで宣伝費が大幅に
下がったことも要因です。
レーシックはクチコミで広まり、受診者が増えたことで
広告費が大幅に下がり料金も最低価格まで落ちてきて
います。
一昔前はレーシックといえば50~60万円くらいしましたが
最近ではレーシックの治療費も大幅に安くなっていて、
13~20万くらいの価格でうけられるようになりました。
症例が増えてレーシックが一般的になってきたしょうこでしょうね。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

レーシックが受けられない場合

通常はレーシックやエピレーシック、
フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)の何れかで
視力回復が可能ですが、一部の人でレーシックが
受けられない場合があります。

主な例としてぶどう膜炎の方、円錐角膜の方、角膜ヘルペスの方 、
角膜移植をしている方 、強膜裂傷がある方 、黄班部変性がある方 、
重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方 、
妊娠中・授乳中の方 や・過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方
などです。
その他、レーシックが受けられない可能性の高い人としては
・パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
・白内障の方
・視神経障害がある方
・老視(老眼)治療をご希望の方
などの人は、まず病院に相談してみることをおすすめします。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲

レーシックの失敗

レーシックで発生しうる失敗としては、角膜を切る際に
動きフラップがいびつになることや手術の感染症に
会うことが考えられます。
ただ、現在のレーザー治療であるレーシックではアイトラッカーと
呼ばれる眼球追随機能があるため、眼を動かしても
正しい位置にレーザーが照射されます。

感染症についても無菌室で手術を行う手法が中心であるためこれらの
失敗はまず発生しません。

失敗が現在も発生しうる可能性としては
異常に値段の安い手術を行っている医院になるでしょう。
機器を古いまま更新していない場合や病院自体の清掃費を
下げて不衛生にしているところがあります。
また、まともに研修を受けていない眼科医が執刀しているような
ところも金額が安くなりますでの、あまりに金額が安く不衛生な
医院でレーシックを受けるのは極力避けたほうがいいでしょう。

Posted by レーシック視力回復手術 : | Trackbacks (0) | Page Top ▲